とんど焼(令和2年1月14日)

無病息災、家内安全を願い、お正月に飾った門松や注連飾り(しめかざり)・書き初めなどを持ち寄り、燃やしました。一緒にミカンや餅、スルメも焼き、皆さんで火を囲いながら美味しくいただきました。